23歳の神山くんがだいすきだという話。

 

 

まずはじめに。

 

神山智洋くん!24歳のお誕生日おめでとうございます。

 

f:id:iccaky3:20170630212642j:image

 

23歳ラストの神山くんと、24歳になったばかりの神山くんが生放送で見られるなんて 神山くんを好きになってから幸せなことばかりです。昨年の今日も、神山くんの歌とダンスがだいすきでした。今年も変わらずだいすきで、何よりも神山くん自身をこの一年ですごく好きになりました。

f:id:iccaky3:20170630212747j:image

 

 

 

好きになった頃にはもうすでに始まっていた舞台、「 SHINKANSEN☆RX Vamp!Bamboo!Burn! 〜ヴァン!バン!バーン!〜」 

長期舞台だったから一度は観劇に行きたい!と思っていたけれど結局行けなくて。観に行けないのなら ストーリーやネタバレを見ずに VBBが映像化される時に新鮮な気持ちでみよう!と思って発売日がすごく待ち遠しかった。初めてみた神山くんが演じる蛍太郎は、可愛くてかっこよくて爽やかの玉ねぎで少し腹ただしくもでも憎めない役で。 神山くんがこんなに素敵な役を演じていたなんて知らなかった。初めてみたあの日、改めて神山くんの演技もダンスも歌も好きだと思わされました。舞台をやり遂げてからの神山くんは とても自信に満ちているように見えました。 メンバーから、舞台終わってから神ちゃんめちゃくちゃおもしろくなった!っていろんなところで言われているのを聴いたり見たりするたびに 神山くんを好きでいるのは楽しいな!嬉しいな!幸せだな!って思った。

 

 

それから少し経って決まった連続ドラマ、「大貧乏」。また神山くんの演技が見られるんだってすごく嬉しかった。わたしは神山くんの派手な髪がすごくすごく好きだけれど 突然黒髪になって登場した歌番組では号泣したのを覚えています。新人アソシエイトっていう役柄だから 少しお堅い感じなのかなって思っていたけれど 全然そんなことなくて。愛おしくてキュートで ああまた素敵な役をいただいたんだなって、回を進めるごとに増えていく木暮くんの出番が毎話待ち遠しかったな〜! 円盤化はもうあまり望めないかもしれないけれど、神山くんが木暮くんを演じた大貧乏は最高のドラマでした。

 

 

24から感謝を届けられたあの日。ジャニーズのコンサートが初めてだったわたしは コンサートはこんなにも楽しいのか!とすごく感動した。自分たちの足で会場中を走り回るジャニーズWESTのみんなの楽しそうな幸せそうな顔はずっとずっと忘れないんだろうと思う。最初の挨拶で 「今日はみなさんとデートということですか?」なんて柄にもないこと言ってたり、CHO-EXTACY でツインを両脇に従えて歩いてくる神山くんを見たときは 生きててよかった!なんて思ったり(笑) All My Loveで「与えられる人から 与える人へ」 で優しく笑う神山くんがモニターに抜かれたときなんかは号泣したなあ(笑)とか 思い出すたびにやっぱり神山くんを、ジャニーズWESTを好きになってよかった って思う。

 

 

 

そして なうぇすとツアー!正直なうぇすとは神山くんのためのコンサートなのではと思わされるぐらいに神山くんの見せ場が多くて楽しかった!本当に楽しかった!トランペットに挑戦したり、粉もん前に下ネタ()を言ってみたり、流星くんと2人でイケイケなユニットソングを披露したり、わたしが知らなかった神山くんの一面をまたみれたような気になれたコンサートでした。

 

 

 

 

大きなことだけとりあげてみたけど とりあえず何が言いたいかっていうと 23歳の神山くんに出会えたわたし幸せ!ってことです。

神山くんの好きなところを話し始めたらきりがないけれど、神山くんがパフォーマンスに手を抜かない限りたぶんずっと神山くんのこと好きなんじゃないかなって、なんの根拠もない自信だけはあるよ。照史くんも言っていた通り、神山くんは誰にも負けない最高のエンターテイナーだから。

 

 

 

神山くん!優しいところも恥ずかしがり屋なのにサラッと人を褒められるところも、髪色をすぐ変えるところも、照史くんにわがまま言いがちなところも、流星くんとのんちゃんの顔が大好きなところも、メンバーカラーが虹色なことを誰よりも気に入ってそうなところも、全部全部いとしいだよ!だいすきだよ!

 

何回だっていうけれど23歳の神山くんを応援できていたわたし最高に幸せでした!24歳の神山くんにもすごくワクワクしています!23歳の神山くん!たくさんの幸せをありがとう!最後の最後に髪を紫に染める神山くん、だいすきでした!そして、24歳の神山くん!進み続けるあなたをまたゆっくりと自分のペースで追い続けたい!きっとまた来年も、あなたのことがだいすきだから!

 

 

24歳の神山くんに、幸あれ!